千歳市の注文住宅の間取りで失…

2020.11.06

千歳市の注文住宅の間取りで失敗しないためには?

「千歳市で注文住宅を建てたい!」
「注文住宅の間取りで失敗したくない!」
このようにお考えの方は多いと思います。
そこで今回は、注文住宅の間取りで失敗しないコツについて紹介します。

□注文住宅の間取りの失敗例を紹介

注文住宅の間取りでの失敗が多いのは、水回り、リビング、居間だと言われています。
まず、水回りは家の中でも家事をこなしたりお風呂に入ったりと重要な役割を持っているため、不満を感じやすい場所だと言えるでしょう。
トイレの間取りでの失敗例としてよく起こるのは、寝室との距離感についての失敗です。

寝室から離れすぎていると夜トイレに行く際に面倒ですし、反対に近すぎると他の人がトイレに行った際に目が覚めるでしょう。
家の中で寝室からアクセスしやすく、さらに音が届きにくい場所を見つけましょう。

次に、キッチンについてよくある失敗例を紹介します。

キッチンを設計する際は料理のしやすさや配膳の動線を気にする方が多いと思います。
しかし、実は玄関からの距離や玄関からの動線も非常に重要だと言えるでしょう。
毎日の買い出しのことを考えると家族全員分の重い食料を運ぶ距離は短い方が良いですよね。
特に、飲み物やお米といった重たいものを運ぶ際はキッチンとの距離が重要です。

リビングや居間の失敗例としては次のような事例が挙げられるでしょう。

まずは日当たりについてです。
日当たりについて考える際、明るいリビングにしたいと思って、できるだけ日当たりの良い場所にリビングや居間を設ける方は多いと思います。
確かに、暗いリビングではなかなかリラックスして過ごせないと思います。

しかし、実際に住むことを意識して日当たりについて検討することが重要でしょう。
例えば、日当たりが良すぎると部屋の温度が高くなるため、暑い空間になってしまいます。
また、リビングにあるテレビに反射してよく見えない場合もあります。

また、趣味の漫画やCDをリビングや居間に飾りたいと考えている方は、日当たりが良すぎるとせっかくのコレクションがすぐに日焼けしてしまうでしょう。
このように、日当たりについてはそれぞれの家庭に合わせてちょうど良い場所を選ぶ必要があります。

□間取りで失敗しないためには?

間取りに成功した家とはどのようなものでしょうか。
実は、間取りに満足している家には「使い勝手の良い収納が多く、さらに動線を意識した間取りができている」という共通点があります。
何をどのくらい収納したいのかを想定して、使いやすく作られた収納と、それぞれの部屋を効率良く出入りできる間取りがあれば、満足度の高い家を実現できるでしょう。

□まとめ

今回は千歳市で注文住宅を検討中の方に向けて、間取りの失敗例について紹介しました。
この記事を参考にして、住みやすい間取りについて検討してみてはいかがでしょうか。