知って得する資金計画

知って得する資金計画

家づくりとお金について

家づくりとお金について

どんな理想の住まいも資金が潤沢なら実現は可能です。ただ、多くの場合、予算は限られているため、ある程度は現実に即したマイホームプランを考えなければなりません。そこで大事になるのは、家計状況や将来設計にムリがないように周到に資金計画を立てておくことです。

そこで、こちらでは、家づくりとお金について基本的なことを解説します。なお、千歳市など北海道で床暖房のある暖かい家、家族団らんを育む家を建てるなら新築注文住宅のスマイルホームへ。当社なら皆様の資金計画もしっかりサポートして差し上げられます。

将来を見据えた資金計画が大事

将来を見据えた資金計画が大事

人生で最大の出費はマイホームだけではない

マイホーム購入は人生の一大イベント。そうであればこそ、可能なかぎり理想に近い家を!とどなたも考えます。かといって、際限なく予算を計上するわけにもいきません。なぜなら、自己資金には限りがあるのはもちろんですが、住宅ローンを利用したとしても返済計画によっては家計や将来設計にしわ寄せがいくリスクもあるからです。

教育費・老後費とのバランスを考えて予算組みを

教育費・老後費とのバランスを考えて予算組みを

たとえば、早期に完済しようと月々の返済額を増やせば、家計が苦しくなるのは当然です。またボーナス併用払いを利用すると、会社の倒産やリストラで失職した場合、とたんに返済不能に陥ってしまうでしょう。また、家計だけでなく、お子さんの教育費や、ご自分たちの老後費へ回す余裕もなくなります。こうしたことからも、将来を見据えた資金計画がたいへん重要になることがおわかりいただけることでしょう。

資金計画の3つのポイント

では、マイホーム購入に伴う資金計画はどう考えるのがよいのでしょうか。3つのポイントに的を絞ってお話します。

Point1 将来設計との兼ね合いで借入額、返済額を決める

Point1 将来設計との兼ね合いで借入額、返済額を決める

上で述べたように、建てたい家と建てられる家の間には当然ギャップがあります。仮に住宅ローンを利用したとしても同じです。ご自身の収入や家計状況に見合わない借入を起こしても返済不能に陥るリスクが高まるばかりです。

では、どうすればよいのでしょうか。やはり、資金計画をサポートしてくれるプロに相談するのがベストです。スマイルホームはお客様の収入や家計状況に即した資金シミュレーションを作成し、予算的にムリの住宅購入を後押しします。

PICK UP!スマイルホームはお客様のご意見に合わせてシミュレーションが可能です

PICK UP! スマイルホームはお客様のご意見に合わせてシミュレーションが可能です

将来の資金計画には、年収や妥当な借入額、諸費用の計算に年金など、思案すべき項目が多く、なかなか簡単にはいかないものです。その不安や疑問を払拭するため、スマイルホームでは具体的な数字データをご提示する専用のシミュレーションシステムを採用しております。お客様の入居予定や年収などの質問にお答えいただき、「何についてお悩みなのか」をじっくりとお聞きして、お客様に最適なプランをご提案させていだきます。契約の手前でも、毎月の返済がご心配な方や、賃貸と購入を悩んでいる方までお気軽にご相談ください。

Point2 借入時の年齢を考慮して返済計画を立てる

Point2 借入時の年齢を考慮して返済計画を立てる

家を建てようとしている方が今、どの年代なのかという点も重要なポイントです。たとえば、20代の若い方なら、会社を定年となるまでに40年程度の余裕があります。これなら、住宅金融支援機構の長期固定金利型住宅ローン「フラット35」を利用してもよいでしょう。

ただ、30代から40代の働き盛りの方は自己資金を多めに用意するか、収入に合わせて月々の返済額を増やして、できるかぎり早期に完済できるようプランニングするのがベストです。いずれにせよ、定年退職後、収入が途絶えてから住宅ローンの支払いを続けるようなことは避けましょう。

Point3 住宅ローン金利や不動産価格の動向を見極める

Point3 住宅ローン金利や不動産価格の動向を見極める

なるべく負担なくマイホームを購入するなら、日ごろから住宅ローン金利や不動産価格の動向にも注目しておきたいところです。なぜならタイミング一つで総返済額や月々の返済額に大きな差が生まれるからです。理想を言えば、ローン金利も不動産価格も底を打っているときがよいのですが、見極めはそう簡単ではありません。

ただ、2020年7月現在、コロナ禍が社会に波紋を広げ続けていることや、景気後退の影響もあるなかで住宅ローン金利は最低水準で推移しています。また、戸建て住宅の価格はあまり影響を受けていませんが、土地価格は下落傾向にあり、その意味でも今がマイホーム購入のタイミングと言えるでしょう。

PICK UP!住宅ローンについて

PICK UP! 住宅ローンについて

住宅ローン金利は低ければ低いほうがよいことは確かです。ただし、注意したいのは、そこだけに注目して借入のタイミングを決めたり、金融機関を選んでしまわないことです。ご自身の収入や属性(正社員・派遣社員・自営業など)や、他の借入状況によっては、住宅ローンの選択や融資のタイミングを工夫する必要があるからです。

とはいえ、一般の方が住宅ローンを組む金融機関や組むタイミングを見極めるのは難しいかもしれません。ご安心ください。スマイルホームなら住宅ローン金利や不動産価格の最新情報、お客様一人ひとりの状況を精査して的確なアドバイスをして差し上げられます。また、住宅購入や資金計画に役立つ個別相談会も随時開催していますので、こちらにもふるってご参加ください。